スターフェスティバル 上場

スターフェスティバルが上場の話が出てます。
結構話題になることも多い会社ですから、
IPOも期待できそうですよね。

 

絶対ゲットしましょう!
このサイトでは、IPOをゲットする方法を紹介しています!

 

まず最初に、今年のIPOの最新情報を見てください!

2014年のIPOの結果

今年は95%以上がプラスになっていますし、
下がっていても痛手を負わない程度ですね。

 

スターフェスティバルクラスの会社なら
かなり期待値は高いと思います!

 

IPOは本当に買えば儲かるというイメージですが、
本当にそのとおりですよね。

 

でも、IPOはとにかく当たらない!
そのIPOを当てる方法をIPOでも実績の高い古林先生に話を聞いてみました!

 

以下より古林先生から頂いた記事をまとめています。

 

IPOの当選確率を上げる方法を教えてください!

実は、IPOはほとんどの人がいつも使っている証券会社にだけ抽選を宝くじ感覚で
依頼するという人がほとんどです。

 

これは絶対に避けるべきです。
しっかりと吟味して抽選を依頼する証券会社を選ぶべきです。

 

私は、現在3社に抽選依頼を出しています。
ちょっと以下をご覧下さい。
2014年のIPOの結果
正直、これはかなり好調と思う人も多いと思いますが、
これは誰でも実践できます。

 

要は、当てる方法を意図的に確率を高くすることが可能です。
実は、以下の3社に抽選依頼をしています。

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

基本的にこの3社なら、私と同等の結果を出すことは十分可能です。
でもどうしてこの3社なんでしょうか?

 

実は3つのポイントがあります。

抽選が公平に行われる

実はとにかく申込の業者数を増やしても意味はほとんどありません。
というのも、ほとんどの業者が公平でなく、大口重視で、ほとんど流れていってしまいます。

 

公平に抽選してくれる業者選びはかなり重要です。
私は公平に抽選してくれるマネックスとSMBC日興証券を利用しています。

 

主幹事を務める業者を選ぶ

主幹事を務める業者選びも重要です。
基本的に、主幹事を務める業者選びも重要です。

 

主幹事は全体の50〜70%のIPOを管理するので、
当選枠はかなり広いというのは言うまでもありません。

 

それでいて公平な業者選びが重要です。
私は、主幹事を務めるコトが多いのに公平に抽選してくれるSMBC日興証券がおすすめと考えています。

 

SBI証券のポイント制は最後の切り札に!

SBI証券は、抽選が外れる度にポイントがもらえます。
コツコツポイントを貯めていけば、ここぞという銘柄の時の当選確率を大幅に上げるコトが可能です。

 

実は、昨年SBIで、129ポイントを使って、リプロセルのIPOを当てましたが、これでの儲けは146万円でした。
ここぞという時の大型案件のときは最後の切り札になります。

 

古林先生のまとめ3社にだけは絶対口座開設しておけ!

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

 

スターフェスティバルってどんな会社?

スターフェスティバルという会社をご存じでしょうか?
全国展開を行い、起業してから5年の間に550万以上の利用者がいます。これ程に急成長しているこの会社、気になりますね。早速、調べてみました。
その事業内容はインターネットを使い、製造以外の商品開発・販売促進・受注を行い、配達をしています。
スターフェスティバルは「ごちクル」(http://gochikuru.com/)という、お客の指定する元に出向いて食事の配膳や提供、お弁当の宅配を行っているサービス会社です。全国の飲食関連業者との連携により、600ブランド・7000メニュー以上から注文が可能となっています。
「ごちクル」のサイトを見てみると、低価格弁当から豪華弁当・有名店の弁当と、目的ごとに選べます。人気商品を知ることもできます。大勢でのパーティー用にオードブルを注文することも可能です。法事やロケ弁も用意できます。
もちろん、安心で安全に食べられるよう配慮もされています。
また、「石巻爆速復興弁当」の紹介をきっかけに、NHK初め、多くのメディアで紹介されてきました。
スターフェスティバルの代表取締役社長岸田祐介さんは楽天社員として「東北楽天ゴールデンイーグルス」の創業メンバーとして球団設立に携わりました。ワンルームで始まった会社も今では全国主要都市に6つの支社を持ち、2014年7月「アスクル」と業務・資本提携契約締結を行いました。
これから先の展開を見逃せない会社です。